beauty-diet

若山式酵素調理法素材使用の低分子ヒアルロン酸で話題のサプリメント ウィルピュアの販売 beauty-diet

商品ラインナップ

コンテンツ

ウィルピュアのご紹介

ウィルピュアとは

一般のヒアルロン酸よりも、低分子化したヒアルロン酸やコンドロイチン硫酸を主原料に商品化された画期的な健康食品です。

美と健康の源と言われる「ヒアルロン酸」は、潤いを抱え込む性質をもち美容成分として注目されております。

このウィルピュアの元になる「ウィル・ヒアルロン酸」を開発したのが、若山祥夫博士。

 

ウィルピュアとは

 

実はこのウィル・ヒアルロン酸を使った商品が、サプリメント・美容・健康食品の分野で日本より10年以上技術が進んでいるといわれるアメリカで大人気商品となっております。アメリカの4大ニュース番組でも取り上げられこともある商品なんです。

 

美の先進国アメリカで高い評価を得た商品を日本版として開発したのが、「ウィルピュア」です。
評価を得ているだけでなく非常にリピート率の高い商品となります。
商品の購入は、下のバナーから購入ページへと移ります。

 

一般的なヒアルロン酸との違い

一般のヒアルロン酸

薬品等を使って成分を抽出
分子量 約600万~800万

 

ウィル・ヒアルロン酸

鶏のトサカに含まれるヒアルロン酸だけでなく、コラーゲンの元になるアミノ酸等もまるごと常温で酵素分解
分子量 約5000

 

⇒常温で酵素分解することで、ウィル・ヒアルロン酸はまるごと食材として取り入れることができます。

さらに!!

⇒一般的なヒアルロン酸は、分子量が約600万~800万といわれておりますが、
なんと、若山博士が作り出したウィル・ヒアルロン酸は分子量が約5000
つまり、、1/1200も分子量が小さいんです

 

ただ、、近年の研究の結果、もっと低分子化していることがわかりました。

 

なんと、分子量が約1500と言われ、一般的なヒアルロン酸と比べ、1/3900の※超低分子であることが判明!!

 

※オリゴマーヒアルロン酸(超低分子・・oligomer)と呼ばれ、ロサンゼルス・アナハイムで開催された全米最大の健康博覧会にて、若山博士がオリゴマーヒアルロン酸を発表

 

 

つまり、分子量が大きいほど、「長い鎖状の分子」となる為体内に吸収しにくいのです。そんなヒアルロン酸の超低分子化に成功し、ヒアルロン酸だけでなく主原料となる、トサカからコラーゲンの元になるアミノ酸などもまるごと取り入れたのが、ウィルピュアです。美容のために体の内側からヒアルロン酸を補給したい方に絶対お薦めの商品です!!購入は下のバナーから購入ページへ移ります。

 

しかも!原材料にもこだわりを

ウィルピュアの原材料の1つ それはニワトリの”トサカ”です

 

日本では、食材としてあまり馴染みのないトサカですが、実は、海の向こうフランスや中国では宮廷料理として食されていたそうです。いつの時代でもそうですが、女性は常に美しくありたいと願いその為にあらゆる方法を試していたのです。
当然、その中には「食べて美しくなる」という方法もあったわけです。

 

ウィルピュアの原材料の1つ それはニワトリの”トサカ”です

 

お金と権力で最高のシェフを集め、最高の食材を求め「美しくなれる」そんな料理を作り上げていきました。そんな料理の中に、ニワトリのトサカを使った料理があったのです。16世紀、イタリアの大富豪メディチ家からフランス王家に嫁いだカテリーナ(仏:カトリーヌ)は、現在のフランス料理の基礎を築いた人だといわれていますが、この貴婦人が好んで食べていたものに、トサカ料理があったということです。当時も、美容食材として知られていたようで理にかなったものだったといえます。

ただ、当時の調理法では、折角の成分である「コラーゲン」(たんぱく質)や「ヒアルロン酸」(多糖類)を取り込むことが出来なかったのです。

⇒食の素材自体の良さも当然必要となりますが、もっとも重要なのは、大切な成分がキチンと体内に取り込まれるかどうかなのです。

 

トサカを主原料の一つとしている「ウィルピュア」は、若山博士が開発した方法により、
分子量が通常ヒアルロン酸に比べ、1/3900も小さいウィルヒアルロン酸が使われております。
さらに、潤いを抱え込むヒアルロン酸は加齢とともに減少し、40代で約半分、60代で25%ぐらいになるといわれており、年々その影響は大きくなるでしょう。

 

美と健康のために体の内側からヒアルロン酸を補給したい方は是非一度お試しください。
商品の購入は以下のバナーから購入ページへと移ります。